tagboat art fair @ポートシティ竹芝

2021.3.6 - 3.7   二日間にわたって行われたtagboat art fair 2021での展示風景です。 高い天井と広々とした空間をつかって、何が表現できるのか。 これまでに描いてきたシリーズを組み合わせて、ひとつの「森」を表現しようと試みました。 コロナ禍で「出かけてること」に意味があるのかを、自然と問うことが当たり前になりました。 それならば、「出かける」という行動の先に「何かに出会う」プラスがあって欲しい。 「森をぬけて絵に出会う」 訪れた人にそんな体験をしてもらえたらと、この展示では絵画によるインスタレーションを仕掛けました。 自然・landscapeをどの視点から見て、どう描きだしていくのか。 会場にいらしていただいた方々や、その場での空気を二日間たっぷりと体感したことで、色々なことがはっきりと見えてきました。 ”nature transformation” またひとつ、これからの制作の主軸になりそうな「何か」がつかめた気がします。

※それぞれの作品の詳しい解説は、@enor.tokyo(インスタグラム)に公開しています。